VOLKSWAGEN TIGUAN / フォルクスワーゲン ティグアン 2021 【試乗&レビュー】マイナーチェンジで基本性能底上げ!! 走りのバランスが絶妙!!

 多くの自動車メーカーがそうであるように、フォルクスワーゲンもSUVラインナップを拡大中で、とくに売れ筋クラスであるコンパクト〜ミドルクラスに、T-Cross、T-Roc、ティグアンという魅力的な3兄弟を用意しています。そんな3兄弟のなかで上位に位置づけられるのが今回クローズアップしたティグアンです。

 ティグアンは2021年5月にマイナーチェンジしたモデルが導入されました。内外装がブラッシュアップされたことに加え、エンジンが1.4Lから1.5Lに変更されたのが大きなトピックです。1.5Lエンジンは出力、トルクこそ1.4Lから変わっていませんが、アクティブシリンダーマネージメントの採用や、100cc分の余力を生かすことで環境性能の向上を図っているのがポイントです。

 ドライブしてみると、1.5Lの動力性能は車格に対して十分で、1520kgのボディをスムーズに加速させます。足まわりの設定も絶妙。SUVらしく高重心ですが、カーブではボディの傾きがうまく抑えられていて、ハンドリングは適度なスポーツ性と穏やかさがうまくミックスされています。SUVに過度なスポーツ性は求めず、家族や友人を乗せて快適かつ楽しくドライブしたいと考えるならオススメの乗り味と言えるでしょう。

画像: フォルクスワーゲン ティグアン 2021 【試乗&レビュー】マイナーチェンジで基本性能底上げ!! 走りのバランスが絶妙!! VW TIGUAN E-CarLife with 五味やすたか www.youtube.com

フォルクスワーゲン ティグアン 2021 【試乗&レビュー】マイナーチェンジで基本性能底上げ!! 走りのバランスが絶妙!! VW TIGUAN E-CarLife with 五味やすたか

www.youtube.com

Test Car:TSI R-Line
価格:¥5,039,000
全長×全幅×全高×ホイルベース:4,520×1,860×1,675×2,675mm
車両重量:1,520kg
駆動方式:FF
動力源:1.5ℓ直列4気筒ターボエンジン
最大出力:110kW(150ps)/5,000-6,000rpm
最大トルク:250Nm/1,500-3,500rpm

This article is a sponsored article by
''.