2020年9月に変更が加えられた新型M5 Competition の実力は如何に。
最高最速に恥じないスパルタンな仕上がり

 コンペティションというネーミングを冠しただけあって、スタイルも走りもアグレッシブ。M5自体、デザインや走行性能の両面においてMモデルの象徴的な存在となっていますが、M5コンペティションは専用チューニングを施すことで、最高出力は25ps増しの625psで、0-100km/h加速は3.3秒という俊足ぶりを実現しています。

 運転感覚も尖っています。スポーツ走行を想定しているだけあって乗り味は硬めですが、走行中のインフォメーションをドライバーに伝えることに関してはピカイチです。駆動系のダイレクトなレスポンスだけでなく、走行中に目視で判断しづらい路面のうねりや細かな起伏をドライバーの手や腰に伝えてくれるんです。

 引き締まった足まわり、剛性を強化したマウントやブッシュ類のおかげで、市街地走行での快適性は犠牲になりますし、同乗者のウケも悪いでしょう。しかし、クルマとの対話は思う存分楽しめます。

画像: BMW 最強最速セダンの実力は? かなり尖ってる? BMW M5 コンペティション 2021モデル 内外装 及び 試乗レポート E-CarLife with 五味やすたか www.youtube.com

BMW 最強最速セダンの実力は? かなり尖ってる? BMW M5 コンペティション 2021モデル 内外装 及び 試乗レポート E-CarLife with 五味やすたか

www.youtube.com

Test Car:M5 Competition
価格:¥18,770,000
全長×全幅×全高×ホイルベース:4,990×1,905×1,475×2,980mm
車両重量:1,940kg
駆動方式:4WD
動力源:4.4ℓV型8気筒ターボエンジン
最大出力:460kW(625ps)/6,000rpm
最大トルク:750Nm/1,800-5,860rpm

This article is a sponsored article by
''.