プジョー 208 【車両レビュー】 Peugeot 208 最新のデザインを盛り込んだ新型208はカッコカワイイ仕上がり!! まずは内外装をチェック!!

 近頃はコンパクトSUVの台頭で、コンパクトカーに対する注目度が下がっているように思えます。そのなかでも独自性を主張したクルマは注目されて然るべきで、その筆頭となるのがプジョー208と言えるでしょう。

 全長4095mmの小さいボディにも関わらず、塊感のあるフォルムは存在感があって、素直にカッコいいと思わせてくれます。フロントまわりに象徴される、新生プジョーの個性的なデザインは存在感を増幅させる要素で208のセリングポイントにもなっています。フランス車ならではのインテリアの洒落た作りは、やや無愛想な印象を抱かせるドイツ車とは違った魅力となっています。

 注目度が下がっているとはいえ、国産ならヤリス、フィット、ノート、マツダ2。輸入車ではポロ、A1、MINI、ルーテシアなどなど、いわゆるBセグメントカーは依然として多種多様。208はそれら競合モデルと比較しても、最新だからという点を除いたとしてもあらゆる部分で頭ひとつ抜け出ていることに疑いの余地はありません。

画像: プジョー 208 【車両レビュー】 オシャレでカッコいい内外装がとても魅力的なフレンチコンパクト!! Peugeot 208 E-CarLife with 五味やすたか www.youtube.com

プジョー 208 【車両レビュー】 オシャレでカッコいい内外装がとても魅力的なフレンチコンパクト!! Peugeot 208 E-CarLife with 五味やすたか

www.youtube.com

Test Car:GT Line
価格:¥2,930,000
全長×全幅×全高×ホイルベース:4,095×1,745×1,445×2,540mm
車両重量:1,170kg
駆動方式:FF
動力源:1.2ℓ直列3気筒ターボエンジン
最大出力:74kW(100ps)/5,500rpm
最大トルク:205Nm/1,750rpm

This article is a sponsored article by
''.