テスラのイベントにお呼ばれした際に撮影してきました!!停止状態から時速100kmまでたったの2.6秒という量産車両として世界最速の驚異的加速力を持つTesla Model Sのパフォーマンスモデル「P100D」の最強最速モード「Ludicrous」の実力をお伝えしま〜す♬あいにくの雨でしたが、動画編集していて、その速さに改めて驚き\(◎o◎)/

 EVはたしかにエコですが、EVの主動力であるモーターの加速力を高めるとどうなるのか。テスラ モデルSのパフォーマンスモデル「P100D」で検証してみたわけです。

 そもそもP100Dは、停止状態から時速100kmまでたったの2.6秒という、量産車として世界最速の加速力を持っています。それがすごい数値であることは理解できますが、やはり体感してみたい! というわけで、あいにくの雨ですが最強最速モード「Ludicrous」で果敢にチャレンジしてみました。

 電気自動車の実力、解っていたつもりでしたが、侮っていました。まさか雨でこれほどのタイムが出るとは……。速さに驚愕ですが、それ以上に雨、路面ずぶ濡れという悪条件で全力ダッシュしているのにタイヤが滑らない!ということにも感嘆した次第。電気自動車でスポーツを極めるとこうなるんですねを実感しました。

画像: これが世界最速レベルの2.6秒加速! むち打ちに注意! Tesla Model S P100D Ludicrous Mode E-CarLife with YASUTAKA GOMI 五味やすたか www.youtube.com

これが世界最速レベルの2.6秒加速! むち打ちに注意! Tesla Model S P100D Ludicrous Mode E-CarLife with YASUTAKA GOMI 五味やすたか

www.youtube.com

まさか雨でこのタイムが出るとは…。。しかもタイヤが滑らない、、、、どうなってるんだ!
電気自動車の実力、解っていたつもりが、侮っていました。
しかもP100Dは、性能がオンラインアップデートされ、どんどん速くなっていることにも驚き!!
Test Car:テスラ モデルS P100D(パフォーマンス)
公式スペック…調べてます。。。

※記憶だと最大トルク910Nm…ですが…
今はグレード名も、P100Dなどではなく、パフォーマンスとなり、数値表記をテスラは表舞台から消していってます。。。。なぜ??不便なんですけど〜〜!!

This article is a sponsored article by
''.